ギターでカバー『strawberry fields forever』②

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

ギターでカバー『strawberry fields forever』②

日付:2017年09月01日
カテゴリー:つれづれブログ

前回のギターでカバー『strawberry fields forever』①に引き続き、

ビートルズの楽曲『strawberry fields forever』ですが、

実はこの曲、、

2つのテイクが合体されて世に出されためずらしい曲です。

合体といっても、

前半テイク1と後半テイク2をきれいに合わせました~

というレベルの合体ではなく、

2番の途中からしれっと別テイクに切り替わっているのです。

具体的には、

『let me take you down cause  I’m』/結合部/『 going to』

で切り替わります。

さらに、おおもとのテイク1とテイク2は、

なんとBPMとキー(調)が異なります。

ジョンレノンが、

テイク1とテイク2を両方気に入り、

甲乙つけがたく、どちらか選ぶことができずに、

「じゃあつなげといて~」

と、ジョージ・マーティンにさらっと無謀な依頼をして、

ジョージ・マーティンがさらっと応えてしまったというわけです。

BPMもキーも異なるテイクのため、

ジョージ・マーティンはスピードや音程を調整して、

徐々にテイク1のスピードを上げながら、

先ほどのテイク2との結合部分に落としどころを見つけたという、

みごとなプロデューサーぶりを発揮してます。

確かにこの部分から、

右チャンネルにストリングスが入ってきて、

不思議な印象を与える部分です。

このことは初めてこの曲をコピーしようとしたときに、

ビートルズ本に書いてあったのを偶然見つけて驚いた記憶があります。

普通に聴いていたら聴き流してしまうような細部にも、

当時のレコーディングの緻密な計算が隠されていて奥が深い!