事務所概要

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

事務所概要

執筆情報等

経理・税務の実務情報誌『企業実務』7月号に記事掲載いただきました。

経理・税務カテゴリーの「外注関連費用の経理処理Q&A」について執筆しました。



事務所概要

名称 税理士法人阿部会計事務所 東京事務所
代表税理士 阿部 祐喜
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウイン青山1126
最寄駅 東京メトロ青山一丁目駅(徒歩2分)、東京メトロ乃木坂駅(徒歩7分)、JR信濃町駅(徒歩12分)
電話 03-5411-1872(代表直通)
e-mail info@abeoffice.or.jp(代表直通)
業務内容 各種税務代理、記帳代行, 各種相談業務
所属 東京税理士会麻布支部、東京商工会議所、麻布法人会

代表税理士 阿部 祐喜のプロフィール


税理士法人 阿部会計事務所 東京事務所代表
1984年生まれ

10年超の経験、2,000回を超える訪問実績、500件を超える相談件数を活かし、税務手続はもちろん融資書類作成、事業計画書作成など、個人事業から社団法人、医療法人まで業種を問わずサポートを行っている。

ご相談の敷居を低く感じていただくことを目標に、起業家の大きな志と自分自身の知識を掛け合わせ、顧問先の発展に貢献すべく奔走中。


 
出身 宮城県
生年月日 1984年9月19日
血液型 A型
好きなお酒 焼酎(水割り)、モヒート
好きな言葉 臨機応変
取得資格 税理士、ファイナンシャル・プランナー(FP)
認定
中小企業庁認定経営革新等支援機関
略歴

平成19年 明治大学商学部を卒業後、都内公認会計士事務所に勤務
平成25年 税理士登録
平成27年 都内税理士法人を退職

平成28年 税理士法人阿部会計事務所東京事務所を開設

(税理士法人番号第776-2号)

有限会社阿部会計事務所取締役

株式会社ワイケーマネジメント代表取締役

東京税理士会麻布支部所属

リクルート社発行メルマガ寄稿

他社HPへの税務実務記事寄稿

講師・執筆経歴

麻布税務署「所得税記帳指導講習会」講師

東京税理士会「決算法人説明会」講師

麻布税務署「新設法人説明会」講師

株式会社TKC「TPS1000税務情報システム研修会」講師

弊社主催「経営革新セミナー研修」講師

麻布青色申告会「決算説明会」講師

株式会社リクシル「住まいの相談センターセミナー」講師

税理士会会報『東京税理士界』寄稿 事実認定の観点から 税理士の役割・機能の再考~

日本実業出版社『企業実務』2018年7月号 ~外注関連費用の経理処理Q&A~

趣味

バンド活動、本屋巡り、音楽鑑賞、落語鑑賞、宅録(Cubase)、スノーボード、ゴルフ、楽譜と地図を眺めること


アクセス(青山一丁目駅ルート、東京メトロ半蔵門線、銀座線、都営大江戸線)

 
 

東京メトロ半蔵門線、銀座線、都営大江戸線でお越しの方は5番出口をお選びください。青山一丁目駅は交差点の下に位置しているので、どの出口から出ても交差点を渡ると目的地へは近づきますが、5番出口以外は、道に迷いやすい人には厄介です。5番出口を出るとすぐ交差点が見えます。

 

交差点を背にすると、六本木ヒルズが見えましょう。そのまま六本木方面へ直進するとコンビニエンスストアが目に入ります。青でも緑でもなく、赤のコンビニエンスストアです。

 

赤いコンビニが近づいて参りましたら、その手前を右折です。交差点の喧騒から少しずつ離れるように静かな道を進みます。

 

ほんの少々進むと一つ目の交差点にぶつかりますが、その左手前に弊社が入るグレーの建物が見えます。ウイン青山ビルです。

ビル名が刻印されているすぐ下にエントランスへのエスカレーターがございます。

近づくと動き出すタイプのエスカレーター仕様となっております。

 

エントランスはエレベーターを上がってすぐ2階です。喫茶店もございます。受付はそのまま左手に通り過ぎていただいて、エレベーターで11階1126までお越しください。

青山一丁目駅徒歩2分です。1階が赤いコンビニです。

沿革

  • 昭和60年 阿部会計事務所(個人事務所) 開設
  • 平成16年 税理士法人阿部会計事務所として法人化
  • 平成26年 仙台事務所 開設
  • 平成28年 東京事務所 開設

各事務所について

塩釜事務所

住所 宮城県塩釜市貞山通3-7-14

仙台事務所

住所 宮城県仙台市青葉区台原森林公園1-1-110

税理士法人阿部会計事務所は20余年、多くの中小企業や個人の方へ税務サポートを中心として関与してまいりました。
これまでの経験を活かし、より多くのお客さまをサポートさせていただくと同時に、お客さまからも刺激を受け、一緒に成長できれば幸いと考えております。