一般社団法人設立にあたって必ず押さえておくべきポイント!

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

一般社団法人設立にあたって必ず押さえておくべきポイント!

日付:2017年04月24日
カテゴリー:会社設立,税務ノウハウ,節税対策,経営実務

はじめに

こんにちは!

東京都港区の税理士法人阿部会計事務所、税理士の阿部です。

会社を設立しようとしている方は、どのような形の会社にすべきか迷うことが多いです。

検討されることが多いのは、株式会社やNPO法人ですが、それら以外にも一般社団法人という選択肢があります。

一般社団法人を設立すると、株式会社にはないメリットもあります。

そこで今回は、一般社団法人の設立に際し、必ず押さえておきたいポイントを解説します。

 

一般社団法人とは

一般社団法人という名称は耳にしたことがあっても、具体的にどのようなものかがイメージできないことがあります。

一般社団法人とは、ある一定の目的で人が集まったものに対して法人格が与えられたものです。

2人以上の社員が共同で定款を作成し、定款認証を受けることで法人を設立できます。

設立時の出資金は0円でもできます。

平成2012月、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」が施行されたことによって、

どのような人でも一般社団法を設立しやすくなりました。

一般社団法人は非営利法人

それでは、一般社団法人は、株式会社や合同会社などとどこが違うのでしょうか?

もっとも大きな点は、一般社団法人は営利目的を持たないことです。

そして、営利というのは、株式や社員などへの利益分配のことです。

そこで、一般社団法人は、社員に利益分配をしません。

資産は、翌年に繰り越していくことになります。

ただ、収益を上げてはいけない、という意味ではありません。

そこで、法人を設立して事業を行いたい場合、一般社団法人も検討の対象になります。

株式会社よりも設立費用が安い

それでは、一般社団法人には、株式会社などと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、一般社団法人は、株式会社より設立費用が安いです。

一般社団法人だと、法人登記の登録免許税の金額が6万円ですが、株式会社の場合には15万円がかかるためです。

また、一般社団法人は、公益目的を持った法人が多いため、

慈善事業などの公共性のある事業に取り組みたい場合には、信用を得やすくなるメリットがあります。

NPO法人よりも自由度が高い

一般社団法人は、NPO法人ともよく比較されます。その違いは何なのでしょうか?

NPO法人は、20種類の事業にしか適用されませんが、一般社団法人にはそのような制限がありません。

また、NPO法人は監督官庁への事業報告を義務づけられますが、一般社団法人にはそのような義務がありません。

結論としては、一般社団法人の方が自由度が高いです。

おわりに

以上のように、一般社団法人は株式会社やNPO法人にないメリットがありますし、

公共性を持った事業を行うなら、非常におすすめです。

今後法人設立をするなら、是非とも検討してみて下さい。

最後までお読みくださりありがとうございます。

税金や会計でお困りのことがございましたらお問合せフォームをご利用ください。

東京都港区の税理士法人阿部会計事務所、税理士の阿部でした!