バンド挙式直前スタジオ練習

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

バンド挙式直前スタジオ練習

日付:2017年09月11日
カテゴリー:つれづれブログ,音楽関係

先週末は本番直前のスタジオ練習でした。

場所は赤羽駅から近くの『FACE』。

FACEは初めてでしたが、

待合室がバーのカウンターのような仕様で、

すごくきれいなスタジオ。

スタジオの中の機材も、

定番の、

『Marshall JCM2000』と

  • 『Roland JC-120』が完備。

ちなみにベースは、

ヘッドが『SWR』で、

キャビが『TRACE ELLIOT』です。


そしてなんと入口近くには、

Macが置いてあり、

音楽制作ソフトの『Cubase4』が使い放題でした。

もうそんな時代なのですね。。。

私が高校生の頃はそんな機材なかったような。。

いい時代です♪

(もちろん昔はCubaseのようなパソコンで録音する高額な機材はもっておらず・・・

4トラックカセットレコーディング機器(タスカムの)が相棒でした。。)

私が使うオベーションEliteというギターは、

エレクトリック・アコースティックギター

というエレキの側面もアコギの側面もあるいわゆる、

エレアコと呼ばれるギターです。

今回は諸事情により、Marshall JCM2000のアンプを使ったわけですが、

エレアコでの音作りが難しい・・・

アンプにはvolumeつまみとGainつまみが付いており、

Gainを強めにすると、ギターがより歪むというつまみです。

今回はアコースティックギターのような音を出したいので、

エレキギターの歪みは必要ないのですが、

volumeをフルテンにしても音量が十分にはならず、

その補完として少しでもGainを回すと、

すぐエレキギターのように歪んでしまうという状態(‘_’)

セッションで全員が音を出すと、

それなりにエレアコの音に聞こえてひとあんしん(汗)

本番では小さいアンプを使用するので、

Gainの問題は起きないことを願いつつ臨もうと思います。