広告宣伝費の仕訳例を分かりやすく!

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

広告宣伝費の仕訳例を分かりやすく!

日付:2017年12月04日
カテゴリー:勘定科目別仕訳例,税務ノウハウ

はじめに

こんにちは!

東京都港区の税理士法人阿部会計事務所の税理士の阿部です。

会社や商品を広告、宣伝するために、

社名入りのカレンダー代やホームページ制作費用を支払ったときは、

『広告宣伝費』科目を使って販売費・一般管理費に計上します。

今回は具体的な仕訳例を見ながら『広告宣伝費』科目について消費税処理を含めて見ていきます。。

仕訳例

①会社名入りのカレンダー制作費(¥30,000)を預金から振り込んだ。

 広告宣伝費 / 普通預金  30,000 ※消費税は課税取引です。

②HPに掲載する写真撮影代(¥40,000)を預金から振り込んだ。

 広告宣伝費 / 普通預金  40,000 ※消費税は課税取引です。

③ラジオの広告放送料(¥1,000,000)を預金から振り込んだ。

 広告宣伝費  / 普通預金  1,000,000 ※消費税は課税取引です。

④期中に作成した会社案内パンフレット未配布分(¥50,000)につき、決算で貯蔵品に振り替えた。

 貯蔵品   /  広告宣伝費 50,000 ※消費税は不課税取引です。

⑤ネットショッピング機能を有する会社HP作成費(¥400,000)を預金から振り込んだ

 ソフトウェア  /  普通預金 400,000 ※消費税は課税取引です。

 ※予約機能やネットショッピング機能があるHP作成費用については「ソフトウェア」勘定で処理し、

  固定資産として将来にわたって減価償却を行う必要があります。


おわりに

最後までお読みくださりありがとうございます。

税金や会計でお困りのことがございましたらお問合せフォームをご利用ください。

港区青山一丁目駅徒歩2分の税理士法人阿部会計事務所、税理士の阿部でした!