税理士会の税制改正の研修に行ってきました!

お気軽にお問い合わせください!

03-5411-1872

営業時間 9:00~18:00

お問い合わせはこちら

税理士会の税制改正の研修に行ってきました!

日付:2016年05月14日
カテゴリー:つれづれブログ,税務ノウハウ

税理士会の税制改正の研修に行ってきました!

大きなところは実効税率の引下げと消費税の増税(来年から)ですね、、、

消費税については軽減税率も始まるので、企業の税額計算がさらにややこしくなりそうな印象です。

特に飲食業などで8%と10%の両方の取引があるところでは、

年間通して税額をシミュレートする必要がありそうです。。

例えば改正の中で、年間のうち10日間をピックアップして、

その10日間のデータを1年間に引き伸ばして税額算出のための資料とするというこれまでにない計算も・・・

会計ソフトはどんな風に対応していくのだろうか気になるところです。。。

それと、、外食する場合の10%と8%(軽減税率)の線引きですが、、

飲食用の「設備」があるとそれは外食サービスとなって10%となり、、軽減されません。

「設備」というのは飲食するための設備でありレストランのイス、テーブルが分かりやすいですね。

カラオケでの飲食は10%となるようで、飲食のための設備として判断されたようです。

それでは新幹線の車内販売はどうなるかというと、、

新幹線のイスはあくまで移動するための座席なので、「設備」にはあたりません!

ですので8%でいいわけですね。。持ち帰りもできますしね~

まぎらわしいときは設備があるかどうかに着目するといいかもしれません。

軽減税率が始まるのは来年からで、それまで細かい部分の取り扱いが国税庁から発表あるかと思います。

現時点で政府は「増税します」と言い切ってはいますが、周辺の学者さんからの圧力も強くなっているようですし、、

為替も安定せず円高で企業の業績見込みも減収減益の状態、、株価も安定せず16,000円台でもみ合い、、

国民の年金原資を投資していて評価減計上、、8月の参院選、、、、オリンピック、、

さまざまな要因を如何に判断するか、、そして増税に踏み切るかどうか注目です♦